自分の感覚を信じる

 

何気ない時の、ふとした瞬間。

 

 

ぱっと自分の中で思った事。

 

直感ともいうかな。

 

この自分が「ふと」思ったことを選ぶと

物事がスムーズに進むことが多い。

 

 

例えば、「ふと」ここのお店寄ってみようかな。とか

「ふと」あれやろうかな。とか

 

なんとなく自分の中で浮かんできたこの

「ふと」

 

 

でも、この「ふと」が出てきた後には、自分の頭の中の声がささやいてくる。

 

やめたほうがいいんじゃない?とか

失敗したらどうするんの?とか

 

後から次々と、やらないほうがいい理由が浮かんでくる。

 

 

 

でも「ふと」って自分が純粋な意識で想ったこと。

 

この純粋な意識を信じたほうがうまくいく。流れに乗れる。

 

 

 

後からくる思考は、今までの自分が生きてきた中でついたいろんな価値観を通しての声。

 

この声に従ったままだと、新しいことを中々できなくなる。

 

まあ、それも自分を守ろうとしてくれている声なのだけど。

 

 

 

 

”「ふと」想ったことをやってみる。”

 

 

その一瞬の感覚を大切に。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です