物事の見え方

 

同じものを見ても、

そのものに対しての人の見え方はそれぞれ。

 

どうして違ってくるのか。

 

 

 

ほんとうは

 

すべてのことには、プラスマイナスがあるんだけれど

 

ひとは、そのどちらかをみてしまう。

 

 

 

例えば、光と影。

 

光があるから影ができ

 

影があるから光が生まれる。

 

 

 

 

ものごとのマイナス、プラスを決めるのは、自分の価値観の中での判断。

 

 

 

だから、いっけんマイナスに見えることでも実は

 

ほかの角度から見たらプラスの面がみえてきたり

 

プラスだと思っていたらマイナスもあったり(こっちは嫌だけどね。笑)

 

両方を持っている。

 

 

 

きっといつも見えているものは、世界のほんの一部なんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です