Whose law is it?

 

“Whose law is it?”

(誰の法律なの?)

 

 

大人になるといつのまにか、いろんな概念、ルールに縛られてしまう。

 

周りがこうしているから。

親にこういわれたから。

 

子供のころはそれは自分を守ってくれたけれど

 

 

その概念、周りの声だけに縛られてしまうと

自分が窮屈になる。

 

 

いつのまにか自分で自分を窮屈なところに閉じ込めてしまう。

 

 

 

自分の思い込みでがんじがらめになっていない?

 

 

 

頭の中の声って、自分が自分にいっていることなんだよね。

 

 

 

 

「自分軸で生きる。」

 

 

これは、豊かに生きていくためにとっても大事なこと。

 

自分が何をしたいのか、どうしたいのかそれをわかってあげられるのは自分だけ。

 

 

周りの声も大事だけれど、

最後はどうしたら自分が楽しくいられるか。

 

 

どんな事も選ぶのは自分だから。

 

 

自分がどうしたいか。

 

 

そしてそれを、

するかしないかを決めるのは自分。

 

 

今まで、自分の中の声を無視していたヒトは自分がどうしたいか、何が嫌で、何が好きかのセンサーが鈍ってしまっているかもしれない。

 

でも日常で自分の中の感覚に耳を傾けていく。

 

そうすることで、ちょっとずつ自分が戻ってくる。

 

 

今のカラダの感覚、呼吸。

 

ただただ感じていく。

 

何回もそれを繰り返していく。

 

“積み重ねていく。”

 

 

ヨガで、自分の内側に意識を向けてみる。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です