心地よさ

こんにちは、ともです。

今日は、朝から冷えますね。

暖房の部屋と廊下の温度の違いにびっくりしました。

ようやく、冬を実感しております。

先日の朝クラスでは、足のマッサージから行いゆっくりとカラダをほぐしていきました。

動く前に足のマッサージをすることで、下半身の血流が良くなり足の先から温まります。

プラス足に意識が向きやすく土台が安定する効果も♪

足のマッサージってシンプルだけど、

効果は絶大。

こういう、一見地味な作業を積み重ねる。

それだけでも身体は変わってきます。

ポーズをとる前の準備運動でどこをほぐすか。

これによっても、アーサナ(ポーズ)の感覚は変わります。

まずは、こわばっている部分をやさしくほぐし、

安全にそして快適にポーズをとっていく。

いきなりの強い刺激では、身体はびっくりして緩むものも緩まなくなります。

例えば、

よく前屈のポーズで、身体を柔らかくしたい一心でぎゅう~。

ときついところまでいこうとする方を多く見かけますが、(いきたい気持ちはわかります)

それでは逆に、身体は反動で戻ろうと固まってしまいます。

あくまで、”気持ちがいいなあ~”がポイント。

少し刺激を感じつつ気持ちがいいな~。と思えるところで

3~5呼吸ほどキープをしてあげると、身体の重みで自然とポーズは深まります。

本来のヨガは、気持ちがいいもの。

心地がいいと思った瞬間のカラダ、ココロは緩んでいます。

もちろん、ヨガだけでなく

日常生活でも、自分が心地がいいと思えるモノ、場所。

それをいかに見つけて取り入れられるかが、大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です