リラックス法

こんにちは、ともです。

今年も、残すところ10日をきりました。

大掃除、もうそろそろはじめなきゃなあ~と思いつつヨガ三昧。

ヨガの本を読んだり、クラスの構想を練ったり、ヨガしたり・・・。

わくわくしてます。

来週は、究極のリラクゼーション法ともいわれるヨガニードラを取り入れた年末特別クラス。

お時間合う方、お待ちしております。

そして、今回残念ながらスケジュールが合わず特別クラス参加できない方のために、

簡単にできるリラックス法をご紹介します。

カラダのこわばりを取り除きたいときにおすすめです。

簡単でも、きちんと効果はありますよ♪

カラダを緩めるには、カラダを緊張させる。

以前も、少しお話ししましたがカラダを柔らかくしたい時、

前屈などでぎゅーっと身体を伸ばすと、身体の性質上、

反動で戻ろうとして筋肉は固まります。

(これは脳の働きによるものなのですが、詳しくは専門的な話しになるので今回は省きます。)

身体のゆるみ=筋肉のゆるみ

問題はどうやって筋肉を緩ませるか。

キーポイントは、「反動」

ぎゅーっと伸ばすと、戻ろうとするなら

その逆を利用する。

縮めてあげることです。

伸ばす動きと逆をしてあげると、今度は身体は前へ行こうとする。

その身体の性質を利用した法が

「筋弛緩法」

例えば、肩をゆるませたい時。

肩をめいいっぱい上げて耳に近づけてます。(3秒くらい)

息も一緒に止めます。

その後一気に、はあ~と口から息を吐きストンと肩を下ろします。(脱力)

これを、2,3回繰り返します。

これだけで、肩周りゆるみます。

他にも、腕をゆるめたいときは腕。

脚をゆるめたい時は脚。背中など

全身に応用できます。

文章だと、説明が難しいので

詳しいやり方を、知りたい場合は直接お声かけください。

この筋弛緩法、

寝る前に行うと眠りの質が高まります。

なかなか寝付けない方や、慢性的な疲れの方は寝る前に習慣にすると不眠症改善にもなります。

おためしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です