ひとつのドーナツ

最近、心に沁みたある言葉。

″生きる目的は、生きること。″


ただ、息をして生きている。

それだけで、充分生きてる目的を果たしてる。

生きているだけで目的を果たしてるなら後は、思う存分楽しんだらいいということ。

本当は、そのままのわたし(あなた)で、素晴らしくて

なにも、付け足す必要はない。

だから、自分を楽しませることにフォーカスをする。


毎日の日常のなかの些細なこと。

一瞬、一瞬を楽しんでみる。

楽しもうとする気持ち。


この間、ドーナツを食べた時のこと。

ドーナツを使ってのマインドフルネス。

どうやったら、自分を楽しませられるかな〜なんて考えながら食べました。

ドーナツの味、食感、食べ方、

ドーナツをじっくり味わう。

まじめに取り組むというよりは、ちょっと面白おかしく。


テレビも消して、ただ目の前のドーナツを楽しむ。

ドーナツを食べる角度や、食べる量。

自分で色々試して、自分の中で遊んでみました。

すると、だんだんそんな事考えてる自分が

おかしくてちょっと、笑えました。

そして、気づいたのはドーナツ1つでも自分の意識次第で楽しみ方は無限に広がるなと。

どうせだったら、自分が楽しいほうがいい。

幸せは、気づく力。

まわりにある、幸せにどれだけ気づけるか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です