微笑みを生きる

微笑みを生きる

これは、ある本のタイトルです。

「いま」「ここ」の自分に気づき

目の前の幸せに気づく。

この本では、日常、今すぐに取り入れられる気づきの瞑想についての実践が書かれています。

未来の不安や、過去にとらわれず今の自分に向き合っていく。

前回の記事→ひとつのドーナツ

このドーナツの話も、マインドフルネスです。

マインドフルネスに興味のある方、

日常に取り入れられる気持ち切り替えのツールとしてもこの本に書かれている「気づき」の瞑想法はおすすめです。

瞑想と聞くと堅苦しいイメージを持たれるかもしれないですが、マインドフルネスは10秒あればできます。

マインドフルネスを、世界に広めたティク・ナット・ハン先生の

心の不安、苦しみをやすらぎに変える瞑想法など、日常に取り入れられる

<気づき>の瞑想と実践の本

本の内容も堅苦しい感じではないですよ。

やさしい気持ちになれる本です。

おすすめです。

読んだら、ぜひ感想を聞かせてくださいね😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です